Wi-Fiを自宅で利用するには?工事は必ず必要?工事不要の方法も!

Wi-Fiを自宅で利用するには?工事は必ず必要?工事不要の方法も!

「Wi-Fiの利用には工事が必要?」

「Wi-Fi工事は何をするの?」

「工事なしでWi-Fiを利用する方法は?」

自宅で利用できるインターネットには工事が必要な回線と、不要な回線の2つがあります。

編集部
編集部

光回線やケーブルテレビなどの固定回線は、Wi-Fiを利用する際に工事が必要です。

また戸建てと集合住宅では工事の内容や費用が異なります。

この記事ではWi-Fiの工事の内容や費用について、詳しく解説します。

工事なしで利用できるおすすめのWi-Fiも紹介しているので、工事ができない人やすぐにWi-Fiを利用したい人は、ぜひ参考にしてください。

自宅でWi-Fiを使うには工事が必要?

Wi-Fiを使うために工事は必要?

自宅で利用できるWi-Fi回線には、工事が必要なものと工事が不要なものの、2種類があります。

具体的には光回線やケーブルテレビなど固定回線は工事が必要、モバイルWi-Fiや置くだけWi-Fiのホームルーターは工事不要でインターネットが利用できます。

項目回線の種類
工事が必要光回線
ケーブルテレビ
工事が不要モバイルWi-Fi
ホームルーター

工事が必要な回線には「通信速度が速い」、「通信が安定している」などのメリットがあります。

一方で「工事費用がかかる」「インターネットを利用できるまで時間がかかる」といったデメリットもあります。

そもそもWi-Fiとは何か

Wi-Fiとは無線を使ってワイヤレスでインターネットに接続する技術です。

アクセスポイント(親機)から無線の電波を飛ばして、スマホやパソコン・テレビ・ゲーム機など、オンラインに対応した機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fiを使えば有線ケーブルが不要なので配線が邪魔にならず、親機と機器が離れたところにあってもインターネットが利用できます。

自宅で快適なWi-Fi環境を整えるには

自宅で快適なWi-Fi環境を整える方法

自宅で快適なWi-Fi環境を整えるためには、「インターネット回線の契約」と「対応機器の準備」が必要です。

ここからはインターネット回線の特徴や、対応機器の準備について解説します。

インターネット回線の契約

インターネット回線には光回線やCATV(ケーブルテレビ)、モバイルWi-FiやADSLがあります。

それぞれの特徴や注意点を表で比較したので、自分に合ったインターネットの回線選びの参考にしてください。

インターネット回線特徴注意点
光回線光ファイバーを利用
高速で安定した通信が可能
月額料金は4,000〜6,000円程度
工事が必要
開通まで時間がかかる
(1〜2ヶ月)
CATV光ファイバーと同軸ケーブルを利用
テレビサービスが豊富
工事が必要
開通まで時間がかかる
(2週間程度)
光回線よりも通信速度が遅い
モバイルWi-Fiスマホと同じ移動体通信を利用
小型で持ち運びができる
工事不要
機器が届けば利用が可能
月額料金は3,000〜5,000円程度
バッテリーがなくなると使用不可
光回線よりも通信速度が遅い
通信の安定性も光回線に劣る
ADSLアナログ回線を利用現在は提供終了

対応機器の準備

Wi-Fiでインターネットを利用するために必要な機器は、「Wi-Fiルーター」です。

Wi-Fiルーターは家電量販店や、amazonなどのインターネット通販サイトで購入できます。

編集部
編集部

通信会社やプロバイダーによっては、Wi-Fiルーターをレンタルしてくれます。

またモバイルWi-Fiやホームルーターの場合は、Wi-Fiルーターを準備する必要はありません。

ご自身の使いやすさや家の大きさに合わせて、適切なルーターを選びましょう。

Wi-Fiを使うための工事内容

Wi-Fiを使うための工事内容

ここからはWi-Fiの工事がどのような作業をするのか、工事の内容を解説します。

Wi-Fi工事の内容は戸建てと集合住宅で異なるので、それぞれわかりやすく解説していきますね。

戸建ての場合

戸建ての場合のWi-Fi工事は、以下のような流れで行います。

  1. 近くの電柱から自宅に光ファイバーを持ってくる
  2. エアコンのダクトや電話用の配管から自宅内に配線を引き込む
  3. 自宅に引き込んだ光ファイバーをモデムと接続する
  4. モデムとWi-Fiルーターを繋いでWi-Fiを利用する

戸建てのWi-Fi工事では、自宅近くの電柱から宅内へ光ファイバーを引き込みます。

通常はエアコンのダクトや電話用の配管を利用して光ファイバーを通しますが、これらの配管が利用できない場合には、壁に小さな穴を開けることもあります。

編集部
編集部

壁に穴を開ける場合は、工事業者から許可を求められます。

賃貸の場合は必ず工事の前に、建物の所有者や管理会社に穴を開けて良いか確認しておきましょう。

建物内に引き込んだ光ファイバーをモデム(回線終端装置)とWi-Fiルーターに接続することで、Wi-Fiの工事は完了です。

その後は利用者自身で、Wi-Fiルーターとスマホやパソコンなどの機器を接続すれば、インターネットが利用可能です。

集合住宅の場合

集合住宅のWi-Fiの工事は、以下の流れで行います。

  • 共用スペースまで来ている配線を各部屋まで繋ぐ
  • 配線を光コンセントに繋いでモデムと接続する
  • モデムとWi-Fiルーターを接続する

集合住宅では、建物内にすでに回線設備が導入されている場合がほとんどです。

その後は共有スペースから各部屋まで配線をつなげるだけなので、戸建てよりも工事の時間は短く済みます。

Wi-Fiを使うための工事にかかる費用

Wi-Fiを使うための工事にかかる費用は?

光回線とケーブルテレビの、Wi-Fiの工事にかかる費用を解説します。

光回線の工事費用

光回線の工事費用は通信会社やプロバイダーによって異なり、15,000円から40,000円ほどが現在の相場です。

キャンペーンで工事費が実質無料や完全に無料になることもあるので、Wi-Fi通信会社の申し込み特典をチェックしておきましょう。

またほとんどの場合、光回線の工事費用は分割払いも選択できます。一括で支払うのが難しい場合は、分割払いを申し込みましょう。

ケーブルテレビの工事費用

ケーブルテレビの工事費用は光回線以上に通信会社によって差があります。

ケーブルテレビは地域によって選べる通信会社が決まっています。お住まいの地域のケーブルテレビ会社のホームページで、工事費用を確認しておきましょう。

主なケーブルテレビの工事費用を以下にまとめましたので、参考にしてください。

ケーブルテレビ名工事費用
J:COM43,200円
ベイコム35,640円
ケーブルネット29622,000円
KCN46,200円
ケーブルメディア
四国
20,600円

工事不要で使うならモバイルWi-Fiがおすすめ

工事不要でWi-Fiを使うならモバイルWi-Fiがおすすめ

工事不要でインターネットを利用したいなら、「モバイルWi-Fi」がおすすめです。

モバイルWi-Fiなら申し込み後に機器が届けば、すぐにインターネットを楽しむことが可能です。

ここからはモバイルWi-Fiのメリットとデメリットを解説します。

モバイルWi-Fiのメリット

モバイルWi-Fiのメリットは以下の4つです。

  • 工事不要ですぐに使える
  • コンパクトで持ち運びができる
  • 月額料金が安い

モバイルWi-Fiなら光回線やケーブルテレビのような開通工事は必要ありません。

また本体が小型で軽量なので、気軽に持ち運びができ、外出先でもインターネットを利用できます。

さらに月額料金も2,500〜4,000円と、光回線などにくらべてリーズナブルな価格です。

モバイルWi-Fiのデメリット

モバイルWi-Fiには、以下のデメリットがあります。

  • バッテリーがなくなると利用できない
  • 光回線と比べて速度が遅く、安定性も劣る

モバイルWi-Fiはバッテリーが切れると使用できなくなります。外出先でのバッテリー切れが心配な人は、充電器を準備しておきましょう。

またモバイルWi-Fiは光回線とくらべて通信速度が遅く、通信が不安定になることもあります。オンラインゲームをストレスなくプレイしたい人には、速度が速く通信が安定した光回線の方ががおすすめです。

モバイルWi-Fiなら「それがだいじWi-Fi」

おすすめのモバイルWi-FiはそれがだいじWi-Fi

工事不要のモバイルWi-Fiを利用するなら、「それがだいじWi-Fi」がおすすめです。

それがだいじWi-Fi
それがだいじWi-Fi当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金30GB / 2,585円
100GB / 3,267円
最低利用期間なし
キャンペーン30日間お試し

「それがだいじWi-Fi」は、お手軽に利用できるポケット型モバイルWi-Fiルーターです。

それがだいじWi-Fi がおすすめな理由
  • 30日間お試しキャンペーン
  • 契約期間の縛りなしで契約できる
  • docomoやSoftBankなど通信回線を使い分けるクラウドSIMを採用している

データ容量は100GBと30GBで選べて、通信回線はクラウドSIMという最新の技術を採用しています。

本体がとても小さくコンパクトなので、引っ越し先での自宅利用はもちろん、外出先にも気軽に持ち運びできます。

おすすめWi-Fi

まとめ

Wi-Fiの工事についておさらいします。

  • 光回線やケーブルテレビは工事が必要
  • モバイルWi-Fiやホームルーターは工事が不要
  • Wi-Fiを利用するためには回線とWi-Fiルーターを準備する
  • 戸建てと集合住宅で工事の内容や費用が異なる

固定回線でWi-Fiを利用する場合は工事が必要です。

工事の内容は建物によって異なりますが、戸建ての工事では壁に穴を開けることもあります。賃貸の場合は必ず建物の所有者に許可を取っておきましょう。

工事なしでWi-Fiを利用したい人には「それがだいじWi-Fi」がおすすめです。

それがだいじWi-Fiなら工事不要で、申し込み後に機器が届けばすぐにインターネットを楽しめます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。