Trip WiFiって結局安いの?使う分だけチャージっておトク?料金プラン徹底比較

Trip WiFiは、ギミット株式会社が運営するモバイルWiFiサービスです。

他のレンタルWiFiとは違い、端末代金が19,580円で、月額料金が0円で、使う分だけチャージするという珍しいタイプです。[1]

チャージ料金は、国内と海外で違い、海外も旅行先によって違うので、旅行先と旅行日程が決まってから比較すると、失敗がありません。

本記事は、Trip WiFiが、他のレンタルWiFiと比較して、実質料金が安いのか?チャージはお得なのか?くわしく解説します。

Trip WiFiの特徴

Trip WiFiの特徴は?

月額料金が0円で使う分だけチャージ

端末は購入で19,580円

海外でも使える

Trip WiFiは他のレンタルWiFiとは違い、料金設定が異なる珍しいモバイルWiFiサービスです。[1]

国内プランは、1GB、3GB、7GBの3つのプランで、海外プランもあります。

サービス名Trip WiFi
運営会社ギミット株式会社
プラン1GB 30日間 500円(国内)
3GB 30日間 980円(国内)
7GB 30日間 1,980円(国内)
1GB 7日間 500〜2,500円(海外)
利用可能な通信マルチキャリア(docomo、au、Softbank)
契約期間なし
端末
購入代金
19,580円
オプションなし
支払い方法クレジットカード
代引き

さっそくTrip WiFiの特徴を、詳しく解説します。

月額料金が0円で使う分だけチャージ

Trip WiFiはモバイルWiFiのなかでも珍しい、月額料金が無料のサービスです。

端末を19,580円で購入し、通信容量が必要な分だけチャージ(購入)して使用するタイプのモバイルWiFiです。

国内の一般的なモバイルWiFiは、端末料金がかからない代わりに、実際に通信した容量に関係なく、一定の料金が請求されるかたちです。

しかしTrip WiFiは月額料金がないため、毎月固定でかかる費用はゼロ円で全く使わなかった月は1円も請求されないという、利用者にとっても納得感のあるシステムになっています。

Trip WiFiで用意されているチャージ料金は以下の通りです。

チャージ料金

国内1GB 30日間(500円)

国内3GB 30日間(980円)

国内7GB 30日間(1,980円)

海外1GB 7日間(旅行先によって変動)

容量が足りなくなった場合でも、すぐにその場でチャージできるので、通信料金を節約しながら本当に必要な分だけを使えるモバイルWiFiです。

端末は購入で19,580円

Trip WiFiで使用されている端末は、Cloudlink社のH01でZEUS WiFiで取り扱っている端末と一緒で、色違いです。

サービス名TripWiFi
端末H01
サイズ126×64×13mm
重量130g
通信最大速度上り最大: 50Mbps
下り最大: 150Mbps
同時接続台数10台
連続通信時間8〜10時間
バッテリー容量2,700mAh
USB端子USB Type-C

ZEUS WiFiではH01をレンタル品として契約者に提供していますが、Trip WiFiではH01を購入して利用します。

H01は価格が19,580円と高額ではありますが、購入なので完全に自分のものとして使えます。

Trip WiFiの使用を中断した場合でも、返却の必要はありません。

なおレンタルで利用するZEUS WiFiの場合、全ての付属品も揃えたうえで、郵送での返却が必要です。

レンタル品の場合、紛失や汚損、また返却遅れなどで予期せぬ料金がかかるのもよくあることですが、購入のTrip WiFiではそのような心配はありません。

海外でも使える

Trip WiFi 海外利用

Trip WiFiはクラウドSIMの仕組みにより、海外でも通信が可能です。

対応する国は100ヵ国以上で、面倒な設定をすることなく国内と同じ感覚で利用できます。

対応する地域と料金は下記のとおりです。

タブ切り替えできます

1GB 7日間利用できる国
500円中国・韓国・香港・台湾・インドネシア・ベトナム・マレーシア
700円シンガポール・マカオ・タイ・フィリピン・カンボジア・ラオス
1,000円ミャンマー・パキスタン・スリランカ・カザフスタン・イスラエル・バーレーン・サウジアラビア
1,400円インド・アラブ首長国連邦・カタール・ヨルダン・バングラデシュ・モンゴル・ネパール
1GB 7日間利用できる国
1,000円フランス・イタリア・スペイン・イギリス・オランダ・ドイツ・ベルギー・スイス・オーストリア・チェコ・ロシア・ギリシャ など
1,300円ノルウェー・セルビア・ルクセンブルク・リヒテンシュタイン
1,700円マルタ・アルバニア
1GB 7日間利用できる国
1,000円アメリカ・ハワイ・グアム・サイパン・パナマ・プエルトリコ
1,200円カナダ・メキシコ・コロンビア・ベネズエラ・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン
1,900円ペルー・チリ・コスタリカ・ボリビア・エクアドル
2,500円ドミニカ共和国・グアテマラ・ニカラグア・エルサルバドル
1GB 7日間利用できる国
1,100円オーストラリア・ニュージーランド・フィジー
1GB 7日間利用できる国
1,000円エジプト・ケニア・モロッコ・西サハラ
1,200円南アフリカ・ガーナ・アルジェリア・ザンビア
2,500円モーリシャス・ナイジェリア・チュニジア・タンザニア・アンゴラ

エリアによって料金に差はありますが、Trip WiFiが多くの国に対応していることがわかります。

このようにTrip WiFiが海外でも利用できるのは、クラウドSIMと呼ばれる通信の仕組みを用いているためです。

クラウドサーバー上の世界中のSIMカードで通信を行うため、国外でも通信が制限されることがありません。

またTrip WiFiでは、海外旅行の乗り継ぎとしてよく使われる中国・韓国・香港が利用可能エリアとして標準で含まれているほか、中国でのVPN利用にも対応しています。

VPNとは、公のインターネット回線のなかで認証設定や暗号化のしくみを使い、自分の通信だけを専用回線のように利用する方法のこと。

中国では「金盾工程(グレートファイヤーウォール)」によってGoogleやTwitterが遮断されていますが、VPNを利用することで、国内にいるのと同じように閲覧できます。

Trip WiFiの料金比較

Trip WiFi 料金

Trip WiFiの国内プランを短期間利用だと、他のレンタルWiFiと比較して、まったく使わないという人であればTrip WiFiはメリットがありますが、単純に国内利用で料金比較すると、安くはありません。

Trip WiFiの海外プランは、他のレンタルWiFiと比較して、安いです。ただしTripWiFiは、他社のレンタルWiFiと比較して、端末代金がかかるので、しっかり検討しましょう。[2]

国内プラン

Trip WiFiは月額料金が0円で、端末代金が19,580円かかります。

データを使う分だけチャージします。

サービス名プラン月額料金チャージ料金
有効期限30日
端末端末料金
Trip WiFi0円500円(1GB)
980円(3GB)
1,980円(7GB)
H0119,580円
ZEUS WiFi20GB2,618円550円(2GB)
1,100円(5GB)
1,980円(10GB)
H010円
モンスターモバイル20GB2,640円665円(3GB)
979円(7GB)
Macaroon SE0円
クラウドWiFi東京20GB2,580円できないU2s0円
おてがるWiFi10GB1,320円できないU2s0円

このようにTrip WiFiは、月額料金がかからないので、無駄な出費をすることなく、状況に応じて利用できます。[1]

まったく使わないという人であればTrip WiFiはメリットがありますが、逆を言えば、毎月20GBなどを利用したい人にとっては、料金は安くはありません。

国内で小容量(月間10GB)を使うなら おてがるWiFi が安いです。

韓国旅行2泊3日で比較

韓国に2泊3日の旅行をしたと想定して、1日3GBを使用した場合の料金を比較しました。[3]

サービス名実質料金
Trip WiFi4,500円
イモトのWiFi6,240円
ゼウスWiFi5,846円
モンスターモバイル4,755円
クラウドWiFi東京4,680円

韓国で1日あたり3GBを利用する場合、2泊3日での料金はTrip WiFiが最安です。

Trip WiFiは1GBあたり500円と他のサービスよりも割高ですが、ZEUS WiFiモンスターモバイルクラウドWiFi東京と違って、月額料金がないため安くなります。

2泊3日の韓国旅行で、モバイルWiFiが必要となった場合は、Trip WiFiは安くておすすめです。

インドネシア(バリ島)3泊4日で比較

インドネシアのバリ島に3泊4日の旅行をしたと想定して、1日3GBを使用した場合の料金を比較しました。[3]

サービス名実質料金
Trip WiFi6,000円
イモトのWiFi22,560円
ゼウスWiFi6,922円
モンスターモバイル5,900円
クラウドWiFi東京5,780円

インドネシアのバリ島で1日あたり3GBを使う場合、3泊4日の条件で比較すると、一番安いのは、Trip WiFiではなく、クラウドWiFi東京でした。

イモトのWiFiは、このシミュレーションだとかなり高い感じです。

料金比較でわかったこと

Trip WiFiは、端末代金(19,580円)を度外視して、海外旅行で使うなら安い傾向にあります。

特に韓国旅行では、割安で利用できそうです。

ただし、旅行先と日数によっては、他のサービスの方がお得になることもあります。

Trip WiFiを海外で利用する場合は、旅行日程が決まってから、他のWiFiサービスと比較すると失敗しません。

TripWiFiの申し込み手順

Trip WiFi 申込
TripWiFiの公式サイトにアクセスする

画面下部の「端末購入」をタップします。

購入端末と台数を選択する

表示される端末はH01のみなので、購入する台数を入力します。

個人情報を入力する

個人情報を入力します。

クレジットカード情報等を間違えないように入力しましょう。

間違えた場合は、申し込み無効になります。(運営会社に確認済み)

申し込み完了

即日発送を選んだ人は、翌日か2日ぐらいで届きます。

Trip WiFiによくある質問

Trip WiFi よくある質問
Trip WiFiは安いですか?
月額料金が0円で使った分だけチャージをするため、他のWiFiサービスと比較すると、状況によって安くなったり、高くなったりします。
Trip WiFiの大容量プランはありますか?
Trip WiFiに大容量プランはありません。

国内利用では7GB(30日間)が、海外利用では1GB(7日間)がもっとも大きいチャージ容量です。
Trip WiFiが使える国は?
TripWiFiは100ヵ国以上で利用可能です。

利用可能な国をみる >

Trip WiFiをまとめると

Trip WiFiは月額料金が0円で、どこでも使いたいときに、使いたいだけ利用できるのが魅力です。

端末をレンタルするサービスと比較するより、端末を購入して使うサービスとして考えましょう。

Trip WiFiは

月額料金がないモバイルWiFiサービス

端末代金は19,580円

クラウドSIMの仕組みで、海外でも利用できる

韓国2泊3日の旅行なら、安く利用できる

バリ島3泊4日の旅行なら、他とあまり変わらない

Trip WiFiは、クラウドSIMの仕組みで、国内だけでなく海外でも利用できるWiFiサービスです。

本記事で解説したように、他のモバイルWiFiよりも安く利用できることもあれば、条件によっては逆に高くついてしまうこともあります。

料金比較でわかったこと

Trip WiFiは、端末代金(19,580円)を度外視して、海外旅行で使うなら安い傾向にあります。

特に韓国旅行では、割安で利用できそうです。

ただし、旅行先と日数によっては、他のサービスの方がお得になることもあります。

Trip WiFiを海外で利用する場合は、旅行日程が決まってから、他のWiFiサービスと比較すると失敗しません。

Trip WiFiを海外で利用する場合は、旅行日程が決めてから、比較検討しましょう。

最後にまとめると、Trip WiFiは、月額料金がかからず、契約期間の縛りもないため、臨機応変に使えるモバイルWiFiとしておすすめです。

注釈

[1] Trip WiFiを運営するギミット株式会社様から、「他社のレンタルポケットWiFiとは違い、自分自身の端末として使用いただくため、そもそもの料金設定が異なります。」とご指摘いただきましたため、その旨の誤解が無いように、情報の正確性と公平性を保ちつつ、記事内容を修正しております。

[2] Trip WiFiを運営するギミット株式会社様から、「端末費用が掛からず、月額制のポケットWiFiの料金から、1GBあたりor1日あたりの料金を算出して割高という表現は適切ではありません。」とご指摘いただきましたが、WiFiベスト編集部が、情報の公平性を保つため、利用シーンを明確に定義して客観的に実質料金として比較し、記事内容を修正しております。

[3] Trip WiFiは他のレンタルWiFiサービスと違い、端末を購入して必要な分だけチャージしますが、海外利用の実質料金を比較する際に、わかりやすさを重視し、端末購入金額(19,580円)は含まず、比較しています。