大容量WiFiのデメリットは?株式会社ルナは大丈夫?口コミ評判や実質料金を比較解説

大容量WiFiは、株式会社ルナが2021年6月に提供開始したモバイルWi-Fiサービスです。

最大で500GBのプランを提供するだけでなく、0GBプランという特殊なプランもあります。

電気通信事業法の改正で解約違約金が大幅に変わりました

2022年7月1日に電気通信事業法が改正され、解約違約金の上限が月額料金1ヶ月分になったため、契約者の負担が大幅に軽減されることになりました。[1]

もちろん大容量WiFiも、解約違約金は変更され、24ヶ月以内の解約は月額料金1ヶ月分のみとなっています。[2]

WiFiベスト編集部は、7月1日以降に変更された最新情報で解説しています。

サービス名大容量WiFi
運営会社株式会社ルナ
プラン 50GBプラン 月額2,400円
100GBプラン 月額2,900円
200GBプラン 月額3,900円
300GBプラン 月額4,900円
400GBプラン 月額5,900円
500GBプラン 月額6,900円
※0GBプラン 月額500円
利用可能な通信au SoftBank (MNO回線)
契約期間2年(0GBプラン適用可能)
ルーター購入代金0円(レンタル)
オプションメガチャージ(月500円)
スマートコンシェルジュ(月990円)
サポートプラス(月500円)
サポートライト (月300円)
支払い方法クレジットカード
コンビニ後払い

本記事は、WiFiベスト編集部が、大容量WiFiのデメリットや月額料金の比較を詳しく解説し、大容量WiFiをお得に契約できる情報を紹介します。

目次

目次へ

大容量WiFiの特徴

大容量WiFiで特に注目なのは、この3つの特徴です。

大容量WiFiの特徴とは?

0GB~500GBプランがあって変更も可能
auとSoftBankのMNO回線を提供している
コンシェルジュサポートがある

とくにMNO回線という専門用語を知らない方もいると思うので、できるだけわかりやすく解説します。

大容量WiFiは、0GB、50GB、100GB、200GB、300GB、400GB、500GBと7つのプランを提供しています。

それぞれ詳しく解説します。

0GB~500GBプランがあって変更も可能

大容量WiFiは、0GB~500GBと合計7つのプランを用意しています。

契約期間は2年なのですが、途中でプラン変更が可能です。

プラン変更はその都度1,100円かかるのですが、大容量WiFiには0GBプランという裏メニュー的なプランも存在しています。

これは、何かの事情でWiFiを使わなくなった際に、無駄に月額料金を払い続けなければいけないという状況を避けることができます。

0GBプランでも500円かかってしまいますが、500GBプランを契約し毎月6,900円を払っていた時に、何かの事情でWiFiを使わなくなったとしたら、助かりますね。

  • 0GBプランというのは、 他のWiFiサービスでは聞いたことがなく、大容量WiFiだけです。

auとSoftBankのMNO回線を提供している

大容量WiFiは、公式サイトにauとSoftBankのクラウドSIMの比率が掲載されています。

これを見ただけでは、何のことだかわからない人も多いでしょう。

このクラウドSIMの割合を公開しているところは、わたしは初めて見ました。

またクラウドSIMの割合だけでなく『MNO』と明言しているのにも驚きました。

MNO回線とは

MNO(Mobile Network Operator)は、大手通信キャリアの回線です。

MNOと比較されるのが、MVNO(Mobile Network Virtual Operator)で、格安SIMなどで使われています。

MVNOはMNOから回線を借りているため、基本的に同じ通信品質なのですが、混雑時はNVNOが遅くなることが多いため、一般的にNVNOよりMNOの方が通信品質が良いとされています。

大容量WiFiに使われている通信回線は、MNOということで、これは一般的なポケットWiFiサービス(特にクラウドSIM型のWiFiサービス)がMVNOを一部使っていることを意味しています。

MNO回線の補足情報

MNO回線は、通信速度が速いというよりは、通信速度が遅くなりにくいと考えた方が良いでしょう。

自社サービスがMNO回線を利用していることを明言しているサービスは、大容量WiFiくらいではないでしょうか?

通信品質を求めるなら、大容量WiFiはアリです!

コンシェルジュサポートがある

大容量WiFiは、コンシェルジュサポートがあります。

WiFiで困ったことがあったら、(有償にはなりますが)訪問してサポートしてくれます。

月額990円と、ちょっと高額なオプションサービスですが、オプションを外すのも1回あたり500円で可能です。

大容量WiFiだけ!

コンシェルジュサポートがあるのは、大容量WiFiだけです。

WiFiの設定とかはもちろんですが、有意義な使い方や、個別の相談がある人は、活用を検討するのも良いと思います。

大容量WiFiのデメリット

大容量WiFiのデメリットをまとめました。

デメリット

G3かU3のWiFi端末は自分で選べない

解約時にWiFi端末は必ず返却しないとダメ

端末を壊してしまうと19800円の高額な機器損害金がかかる

G3かU3のWiFi端末は自分で選べない

大容量WiFiでレンタルできる端末は、G3とU3の2種類ですが、選ぶことはできません。

端末G3U3
画像G3U3
サイズ126.5×65×19mm126×66×10mm
重量240g125g
通信最大速度上り最大: 50Mbps
下り最大: 150Mbps
上り最大: 50Mbps
下り最大: 150Mbps
同時接続台数5台10台
連続通信時間最大18時間最大12時間
バッテリー容量5350mAh3000mAh
USB端子Micro USBUSB Type-C

G3は、弁当箱にも似ていて超大型のWiFi端末です。バッテリーサイズが、5350mAhもあり、連続利用時間は18時間を超えます。またスマホに接続すれば、モバイルバッテリー代わりにもなります。

U3は、他のモバイルWiFiサービスでもレンタルされている端末です。コンパクトで軽いですが、液晶表示などはありません。

  • 個人的には、U3の方が使い勝手が良いです。

解約時にWiFi端末は必ず返却しないとダメ

大容量WiFiは、解約時に必ず端末を返却しなければなりません。

気をつけなければならないのが、端末だけではなく、コードも返却しなければなりません。コードなどもしっかり保管しておきましょう。

参考までに MugenWiFi は、24ヶ月以上レンタルすると返却義務がなくなります。

端末を返却しないサービスが良い人は他のサービスを検討しましょう。

端末を壊してしまうと19800円の高額な機器損害金がかかる

大容量WiFiをレンタル中に、端末を壊してしまった場合は、機器損害金が発生しますが、これが19,800円と高額です。

サービス名機器損害金
大容量WiFi19,800円
ギアWiFi24,400円
クラウドWiFi東京27,500円
Mugen WiFi22,000円
AiR-WiFi22,000円
ZEUS WiFi19,800円
MONSTER MOBILE16,500円

大容量WiFiだけが高額というわけではなく、他のモバイルWiFiサービスも高額です。

いずれにしても、端末を壊してしまうと高額な機器損害金が発生するので注意してください。

大容量WiFiの料金比較

大容量WiFi 料金比較

50GBプランは2年利用で大容量WiFiが最安値

50GBプランで月額料金を比較しました。

サービス名端末月額料金
大容量WiFiG3 or U32,400円
クラウドWiFi東京U2s2,980円
MONSTER MOBILEMacaroon2,640円
それがだいじWiFiU32,948円

50GBプランを2年以上使う場合、大容量WiFiの月額料金は、圧倒的に業界最安値です。

縛りなしならクラウドWiFi東京が最有力になりますが、2年以上使うことを考えれば、大容量WiFiがおすすめです。

50GBで比較すると
  • 50GBであれば、大容量WiFiが業界最安値。
  • 縛りなし条件なら、クラウドWiFi東京が有力。

50GBプランなら、大容量WiFiがおすすめ!

100GBプランは2年利用で大容量WiFiが最安値

100GBプランで月額料金を比較しました。

サービス名端末月額料金
大容量WiFiG3 or U32,900円
ギアWiFi
(1年)
304ZT3,190円
クラウドWiFi東京
(しばりなし)
U33,718円
Mugen WiFi
(キャッシュバック含む2年)
U33,438円
AiR-WiFi
(1年)
U2s3,278円
AiR-WiFi
(1年)
U33,377円
ZEUS WiFi
(キャッシュバック含む2年)
H13,550円
MONSTER MOBILE
(1年)
Macaroon3,388円

100GBプランを2年以上使う場合、大容量WiFiの月額料金は、圧倒的に業界最安値です。

縛りなしならクラウドWiFi東京が有力候補で、1年契約ならU2sのAiR-WiFiが有力候補です。

2年以上使うことを考えれば、大容量WiFiがおすすめです。

100GBで比較すると
  • 100GBであれば、大容量WiFiが業界最安値。
  • 縛りなし条件なら、クラウドWiFi東京が有力候補。
  • 1年契約なら、AiR-WiFiが有力候補。

100GBプランなら、大容量WiFiがおすすめ!

200GBプランは2年利用で大容量WiFiが最安値

200GBプランで月額料金を比較しました。

サービス名端末月額料金
大容量WiFiG3 or U33,900円
FUJI WifiU3 or H015,995円
どこよりもWiFiJT1014,400円
ChatWiFiU2s4,378円

200GBプランを2年以上使う場合、大容量WiFiの月額料金は、圧倒的に業界最安値です。

縛りなしであればChatWiFiが有力候補ですが、 2年以上使うことを考えれば、大容量WiFiがおすすめです。

200GBで比較すると
  • 200GBであれば、大容量WiFiが業界最安値。
  • 縛りなしなら、ChatWiFiが有力候補。

200GBなら、大容量WiFiがおすすめ!

300GBプランは最安ではない

300GBプランで月額料金を比較しました。

サービス名端末月額料金
大容量WiFiG3 or U34,900円
ギアWiFi304ZT3,938円

そもそも300GBの大容量プランを提供しているWiFiサービスは、少ないです。

300GBプランは、大容量WiFiより、ギアWiFiの方が安いです。

300GBで比較すると
  • 300GBを提供しているサービスは少ない。
  • 300GBプランならギアWiFiは業界最安値。

300GBなら、大容量WiFiはおすすめじゃない。

400GBプランは大容量WiFiしか無い

400GBプランで月額料金を比較しました。

サービス名端末月額料金
大容量WiFiG3 or U35,900円
他サービスないない

そもそも400GBの大容量プランを提供しているWiFiサービスは、大容量WiFiのみです。

400GBで比較すると
  • 400GBを提供しているのは大容量WiFiのみで選択肢がない。

400GBなら、大容量WiFiはおすすめ!

500GBプランは大容量WiFiしか無い

500GBプランで月額料金を比較しました。

サービス名端末月額料金
大容量WiFiG3 or U36,900円
他サービスないなし

500GBの大容量プランを提供しているWiFiサービスは、大容量WiFiのみです。

500GBで比較すると
  • 500GBを提供しているのは大容量WiFiのみで選択肢がない。

500GBなら、大容量WiFiはおすすめ!

人気WiFiおすすめランキング

大容量WiFiの口コミ評判

大容量WiFi 口コミ評判

WiFiベスト編集部が、大容量WiFiの口コミ評判を調査しました。

株式会社トラストが運営したサービスとは別物

そうすると大容量WiFiという別サービス(2019年8月株式会社トラスト運営)がみつかりYouTuberのふじもんさんが取り上げていました。

株式会社ルナが提供している大容量WiFiは、株式会社トラストが運営していた大容量WiFiとは、まったくの別物で、怪しいとか、繋がらないなどの悪い口コミは、見当たりません。

MNO回線に関する評判は見当たらない

大容量WiFiの特徴でもある「MNO回線」についての口コミを徹底的に探しましたが、TwitterやYouTube、カカクコムなどでは見当たりませんでした。

大容量WiFiはMVNO回線を混ぜず、すべてMNO回線ということなので、通信速度が速いといった口コミや評判があっても良さそうですが、現時点では見つけられませんでした。

大容量WiFiの通信速度

大容量WiFi 通信速度

大容量WiFiの通信速度を比較するために、信頼性の高い「みんなのネット回線速度」をチェックしようとしましたが、データはありませんでした。

大容量WiFiは、新しいサービスだからなのか、信頼性の高いデータはありませんでした。

みんなのネット回線速度で他社比較

サービス名下り平均上り平均Ping値
大容量WiFiデータなしデータなしデータなし
AiR-WiFi22.62Mbps15.19Mbps44.95ms
THE WiFi11.49Mbps10.89Mbps47.98ms
Mugen WiFi11.27Mbps6.21Mbps50.59ms

大容量WiFiの公式Twitterはありますが、通信速度に関する情報はありませんでした。

ただ一般的なauとSoftBank回線のモバイルWiFiなら、ダウンロードが20Mbps前後で利用できると思われます。

大容量WiFiに直撃インタビュー

アンバサダーです
ありのさん
大容量WiFiアンバサダー

大容量WiFiは、2021年6月に提供開始したモバイルWiFiサービスです。

500GBなど大容量プランが特徴ですが、それ以外にもMNO回線で提供しているといった特徴もあります。

大容量WiFi の運営会社である株式会社ルナにインタビューしました。

今回はじめての取材ということで、貴重な話を聞かせていただきました。

なぜ大容量の500GBプランを提供できるんですか?

他社含めモバイルWiFiサービスはたくさんありますが、500GBという大容量プランは、御社しか提供していません。

本当に500GB使えるのか、不安に思う人がいると思います。

なぜ御社だけが500GBを提供できるのか、可能な範囲で教えてください。

大容量WiFiは、他社とは違う独自のルートでMNO回線を確保しているから、500GBプランを実現できるんです。

機密情報なので、なぜ弊社が独自ルートで回線を確保できているのかということは詳しくは言えませんが、他のモバイルWiFiと違うということだけは、確実にお伝えできます。

大容量WiFiがクラウドSIM比率を公開した意図は?

大容量WiFiは、クラウドSIMの比率を公式サイトで公表していますが、MNO回線ということも公表していますよね。

この情報は公表しても大丈夫な情報なんでしょうか?

そもそもMVNOを混ぜているモバイルWiFiもあるということは暗黙の了解で、知っている人は知っている情報だと思うのですが、、、

MVNO回線は全く混ぜていないんでしょうか?

はい。大容量WiFiの通信は、独自ルートで確保しているので、他のモバイルWiFiとは違います。

MVNO回線は混ざっていませんし、auとSoftBankのMNO回線のみで提供しています。

今後もauとSoftBankのMNO回線のみで提供していく予定で、その比率は随時公式サイトで公表していく予定です。

株式会社ルナってどういう会社なんですか?

株式会社ルナという運営会社を知っている業界関係者は少ないですよね。

どういう事業を展開しているんでしょうか?

株式会社ルナは大容量WiFiだけではなく、 Iotを使ったネットワーク事業を展開しております。

株式会社ルナは、モバイルWiFiを販売するだけでなく、通信機器の開発や技術提供、大手通信キャリア企業の下請け事業など、様々な事業を展開しております。

詳しい事情内容は、機密情報にあたるので、なかなか説明が難しいのですが、今後は5Gに関する事業へ積極的に投資をしていきます。

初インタビューということで、どうもありがとうございました。

最後に 大容量WiFi を検討している人にメッセージをお願いします。

大容量WiFiは、名前の通り大容量のプランを用意したモバイルWiFiサービスです。

プランを変更できたり、0GBプランといった新しい取り組みもしています。

また通信品質もMNO回線を提供しているので、自信をもっています。

500GBといった大容量のWiFiサービスを探している人は、ぜひ大容量WiFiを検討いただければと思います。

大容量WiFi限定クーポン

当サイト限定でクーポンをいただきました。

WiFiベスト 限定クーポン

dyrwifibest

初回決済にて990円割引

他クーポンとの併用可能

ぜひご活用ください。

公式サイトhttps://large-capacity.co.jp/

クーポン dyrwifibest を忘れないように

クーポン入力で990円割引 実施中

大容量WiFiの契約をおすすめできる人物像

大容量WiFi おすすめな人
おすすめ

100GBを最安で契約したい人は大容量WiFiがおすすめ

500GBぐらいの大容量を必要としている人は大容量WiFiがおすすめ

高品質な通信環境が良い人は大容量WiFiがおすすめ

100GBを最安で契約したい人は大容量WiFiがおすすめ

100GBのプランを提供しているサービスはたくさんありますが、大容量WiFiが業界最安値です。

2年契約という縛りがありますが、0GB500円といったプランにも変更できるので、少しでも安く契約したい人は、大容量WiFiがおすすめです。

500GBぐらいの大容量を必要としている人は大容量WiFiがおすすめ

500GBの大容量なプランを提供しているのは、大容量WiFiだけです。

そもそも大容量を使うなら、光回線を契約することをおおすすめしていますが、光回線の工事ができないという人にとっては、ポケットWiFiでなんとか大容量を使えるサービスが無いか、探している人もいると思います。

そんな人には大容量WiFiはおすすめです。

高品質な通信環境が良い人は大容量WiFiがおすすめ

大容量WiFiは、MVNO回線を混ぜることなく、MNO回線のみで提供しているとのことです。

正直な話、MNO回線だからと言って、超高速になるということではないですが、通信が遅くなりにくいのは事実です。

少しでも高品質な通信環境にしたい人は、大容量WiFiは候補にいれましょう。

大容量WiFiをまとめると

大容量WiFiの評価
料金コスパ
(4.5)
通信速度
(4.0)
通信エリア
(4.5)
契約条件
(5.0)
総合評価
(4.5)

大容量WiFiは、500GBという大容量プランだけでなく、100GBや200GBも業界最安級です。

100GBのモバイルWi-Fiでは、最もおすすめできるWiFiサービスのひとつです。

何か落とし穴のようなデメリットがあるのではないか?

と心配している人が多いようですが、大容量WiFiのデメリットを理解していれば、心配無用です!

  • 大容量の500GBを安定的に使えるWiFi
  • 通信品質が良いWiFi
  • 契約の縛りはあるけど、実質無いような仕組み

気になる方は、大容量WiFiの公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトhttps://large-capacity.co.jp/

大容量のプランが魅力的

大容量WiFiの申し込み方法

大容量WiFi 申込方法
大容量WiFiの公式サイトにアクセスする

「WEBから簡単申し込み」ボタンをタップして、申し込みを進めましょう。

プランやオプションを選択しクーポンを入力する

希望するプランを選択します。

オプションが必要ない人は、ここでチェックを外しましょう。

クーポンコードは必ず入力しましょう。

当サイト限定クーポン

dyrwifibest

初回決済にて990円割引

他クーポンとの併用可能

当サイトのクーポンコードは併用可能です。

公式サイトでもクーポンが配布されているので、該当するクーポンをしっかり入力してください。

個人情報を入力する

個人情報は本人の情報を入力します。

連絡先など間違えないように入力しましょう。

支払方法や配送方法も、ここで入力します。

申し込み完了

即日発送を選んだ人は、翌日~3日ぐらいで届きます。

大容量WiFiによくある質問

大容量WiFi よくある質問
大容量WiFiをおトクに申し込む方法は?
当サイト限定のクーポンがあります。他のクーポンと併用可能なので活用しましょう。
>>大容量WiFiのクーポンをみる
大容量WiFiのおすすめポイントは?
大容量WiFiは0GB・50GB・100GB・200GB・300GB・400GB・500GBと7つのプランを提供していて、最大500GBのプランを安く提供しているところです。
>>大容量WiFiの特徴をみる
大容量WiFiのデメリットは?
端末を自分で選べないことです。
>>大容量WiFiのデメリットをみる
大容量WiFiはキャッシュバックはありますか?
はい。最大42,900円のキャッシュバックキャンペーンがあります。
>>キャンペーン情報をみる
クレジットカード以外で支払えますか?
後払いという方法でお支払いできます。
5G対応はしていますか?
現時点で5Gプランはありません。

クーポン dyrwifibest を忘れないように

クーポン入力で990円割引 実施中

注釈

[1]

総務省 電気通信事業法における消費者保護ルール(2022年2月22日改正 2022年7月1日施行)

2022年7月1日に電気通信事業法が改正され、解約に伴い請求できる解約違約金が、最大で月額料金の1ヶ月分が上限金額となりました。

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/shohi.htm

電気通信事業者は、違約金等を自由に設定できましたが、2022年7月1日以降に締結された契約(法人契約を除く)については、解約時に利用者に請求できる金額が制限されました。※2022年6月30日までに締結された契約を除きます。

[2]

大容量WiFi利用規約(2022年6月27日改定)

https://large-capacity.co.jp/terms

解除違約金 2022年7月1日0:00以降の個人区分申込み→月額利用料1ヶ月分利用料金