home 5Gのデメリットは?口コミ評判・通信速度レビュー!安く申し込めるキャンペーン情報【2022年6月最新情報】

home 5Gは、NTTドコモが提供する5G通信に対応したおすすめのホームルーターです。

WiFiベスト編集部では、home 5Gのデメリットや口コミ評判、通信速度レビューをまとめました。

気になる光回線との比較やWiMAXとの比較もくわしく解説します。

結論から言うと、光回線を契約できない人には、home 5Gを自信もっておすすめします。

サービス名home 5G
運営会社株式会社NTTドコモ
契約期間契約の縛りなし
データ容量無制限
(※明記されていないけど実質的に無制限で使えています)
5G通信対応している
初期費用3,300円
端末一括支払いの場合は39,600円が加算される
月額料金初月:4,950円(端末一括支払いの場合は3,850円)
2ヶ月目以降も:4,950円(端末一括支払いの場合は3,850円)
13ヶ月目以降も:4,950円(端末一括支払いの場合は3,850円)
25ヶ月目以降も:4,950円(端末一括支払いの場合は3,850円)
37ヶ月目以降:4,950円
端末代金39,600円
解約違約金なし
支払方法クレジットカード・口座振替

home5Gをお得に契約するなら

今ならお得なキャンペーン実施中!

WiFiベスト編集部は、2022年6月時点で、home 5Gをお得に契約できる情報をまとめています。

もくじ

目次へ

home5Gのデメリット

home5g デメリット

home 5Gのデメリットをそれぞれくわしく解説します。

デメリット

ping値が遅いのでオンラインゲームはラグが発生する可能性が高い

通信品質が安定しない可能性がある

持ち運びができなく登録住所以外では使えない

与信審査に時間がかかってすぐに入手できない

ping値が高いのでオンラインゲームはラグが発生する可能性が高い

home 5Gのping値は高いので、オンラインゲームはラグが発生する可能性があります。

ping値とは

ping値とは、デバイス(パソコンやスマホ)とサーバーとの通信の応答する速度のことを指します。ping値はミリ秒という単位で表示され、小さいデータの方が良いです。

ping値とは、あまり聞き慣れない通信関連の用語ですが、簡単に解説すると応答速度のことです。

オンラインゲームの中でもfpsゲームであれば、このping値が小さければ小さいほど有利になります。

サービス名平均
ping値
平均
ダウンロード速度
平均
アップロード速度
計測回数
ドコモ
home5G
53.47ms187.45Mbps20.78Mbps9,513件
au
WiMAX 5G
50.87ms55.14Mbps11.13Mbps1,082件
ソフトバンク
SoftBankAir
47.46ms60.76Mbps6.76Mbps11,686件
人気ホームルーターの平均通信速度:みんなのネット回線速度のデータ

ドコモのhome 5Gのping値は、9,513件の計測回数の平均が53.47msでした。

WiMAX 5Gは50.87msで、SoftBankAirは47.46msとhome 5Gとあまり変わりません。

例えば人気のfpsゲーム「エーペックス」を快適に遊ぶためのping値は、30ms以下です。

ping値
目安
通信環境
10ms以下最高レベル
10~20ms速いレベル
20~30msfpsゲームが快適に遊べるレベル
30~40ms普通レベル
40~50ms遅いレベル
50~100ms解像度を落として遊べるレベル
100ms以上fpsゲームはむずかしいレベル
fpsゲームを快適に遊べるping値の目安

home 5Gでfpsゲームをできないことはありませんが、ラグが発生する可能性があります。

本格的にfpsゲームで好成績を残したいなら、ping値は30ms以下が理想的です。

サービス名平均
ping値
平均
ダウンロード速度
平均
アップロード速度
計測回数
ドコモ光20.52ms272.02Mbps215.55Mbps67,158件
auひかり19.91ms415.61Mbps354.74Mbps13,038件
ソフトバンク光16.96ms313.63Mbps217.0Mbps31,200件
人気光回線の平均通信速度:みんなのネット回線速度のデータ

参考までに人気の光回線のping値も紹介します。

ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光といった人気の光回線は、ダウンロード速度やアップロード速度もかなり高速ですが、注目のping値も平均で20ms前後です。

オンラインゲームだけではない

ping値が高いと、応答速度が遅いということです。

コンマ数秒が重要といわれる証券取引の注文処理なども、home 5Gだと役不足になる可能性があります。

このように、home 5Gは応答速度が遅いということは、デメリットとして把握しておいた方が良いですね。

光回線より通信品質が安定しない可能性がある

home 5Gは、光回線とは違い、モバイルWiFiと同じような通信構造になっています。

つまり近くのドコモのアンテナ基地局から無線でhome 5Gに電波が届き、それを自宅内のそれぞれのスマホやパソコンにつながる構造です。

home 5Gは、できる限り窓際などの電波を受信しやすい場所に設置しましょう。

電波の特性
ドコモhome 5G公式サイト

home 5Gを、部屋の奥まった場所に設置していると、繋がりづらくなったりして、通信品質が安定しない可能性があります。

home5Gを使ってわかったこと

home 5Gは、光回線と比較すると、通信品質は劣ります。

通信品質では確実に光回線の方が上です。

持ち運びができなく登録住所以外では使えない

home 5Gは、持ち運びできません。

home 5Gの使用場所

申し込み時に、登録した住所でしか利用ができないと説明されるので、注意してください。

home 5Gは、コンセントに挿すだけでインターネットが使えるので、自宅以外でも出張先などでWiFiを使いたいと思って、持ち歩いて使いたくなってしまう人もいるかと思います。

登録住所以外で使用した場合は、登録したメールアドレスに警告通知がされ、利用停止処置が実施されます。

登録住所以外で使いたい場合は、マイページから登録住所を変更すれば可能です。

登録住所の変更は1ヶ月に1回のみできます。

与信審査に時間がかかってすぐに入手できない

home 5Gは契約期間の縛りはありませんが、端末代金(39,600円)は月々の支払いで実質0円になります。

そのためhome 5Gの購入時には、審査があります。

恐れ入りますが、home 5G HR01は新規契約での受付となり、ドコモオンラインショップでの審査にはご注文から1週間~10日程度お時間をいただく場合がございます。
引用:twitter@ドコモ公式サポート

このように審査には1週間前後かかるともいわれています。

過去にスマホ料金の滞納をしたり、クレジットカードの支払いを滞納したことがなければ、審査は通過すると思います。

ただ欲しいと思ってもすぐに入手できないというポイントは、デメリットとして認識しておきましょう。

home 5Gのメリット

home5g メリット

home 5Gには、もちろんメリットがたくさんあるので、それぞれくわしく解説します。

メリット

コンセントにさすだけでむずかしくない

ホームルーターで通信が一番速い

通信制限を気にせず無制限的に使える

5Gエリアでなくても使える

契約期間の縛りがないので安心して契約できる

3年使えば端末代金が実質無料になる

料金プランがシンプルでわかりやすい

コンセントにさすだけでむずかしくない

home5Gは、コンセントにさすだけですぐにインターネットが使えます。

工事が不要というのは、大きなメリットです。

このわかりやすさ、つかいやすさというのは、多くの人にとってはありがたいですよね。

ホームルーターで通信が一番速い

home 5Gは、ホームルーターで通信速度が一番速いです。

これは理論値だけでなく、実測値でも一番速い結果が出ています。

サービス名平均
ping値
平均
ダウンロード速度
平均
アップロード速度
計測回数
ドコモ
home5G
53.47ms187.45Mbps20.78Mbps9,513件
au
WiMAX 5G
50.87ms55.14Mbps11.13Mbps1,082件
ソフトバンク
SoftBankAir
47.46ms60.76Mbps6.76Mbps11,686件
人気ホームルーターの平均通信速度:みんなのネット回線速度のデータ

ホームルーターを選ぶ人のほとんどが、光回線の工事ができない人たちです。

ホームルーターから選ぶなら、home 5Gを選ぶべきです。

通信制限を気にせず無制限的に使える

home 5Gは、実質的に無制限で使えます。

3日間でデータ30GBも使えば、速度制限にかかると思っていましたが、3日間で1TBを使った人でさえ通信制限されることなく使えているようです。

パソコンやスマホなどをネットに繋ぎっぱなしで、データを気にすることなく、YouTubeやNETFLIXなどの動画が楽しめます。

通信制限を気にする必要がないって、すごいメリットですよね。

5Gエリアでなくても使える

home 5Gは、5Gエリア限定というわけではなく、携帯の電波が届くようなところなら、4G(LTE)回線でネット接続することができます。

5G通信に比べて、通信速度は劣ってしまうかもしれませんが、体感ではわかりません。

また現状は5Gエリアはまだまだ中心地に限られていますが、2023年には人口カバー率70%になる見込みなので、home 5Gを使っていて、通信環境が悪くなることはなさそうです。

とにかく、いま5Gエリアではないからといって、残念がることはないですよ!

契約期間の縛りが無いので安心できる

home 5Gは、契約期間の縛りがありません。

これは本当にすごいことです!

WiMAXもSoftBankAirも通常は3年契約だったので、使いものにならなったらどうしよう…

と思っていた人は多いです。

事実、SoftBankAirがこんなにも悪評が多いのは、

通信品質が悪いのに、解約しようとすると高額な端末残債一括払いが必要になるので、さらにユーザーの不満が大きくなってしまうことでした。

ドコモにとっては、初のホームルーターということで、勝負をかけてきた感じですよね。

勝負のかけどころとして、契約期間の縛りが無いというところに踏み込めたのは、ただただ賛称せざるおえないぐらい、最高のメリットと言ってもいいくらいです。

3年使えば端末代金が実質無料になる

home 5Gが、契約期間の縛りが無いのは本当に素晴らしいのですが、

さらに素晴らしいのが3年以上使えば、端末代金(39600円)が実質無料になるように、毎月の月額料金から1100円割引してくれるところです。

従来であれば、3年縛りの条件として、端末代金を無料にするという販売方式を、採用していましたが、home5Gは従来の方式ではなく、現状の状況にあわせてきたという感じがします。

料金プランがシンプルでわかりやすい

home 5Gは、月額料金が4500円(税込4950円)のプランのみです。

申し込み方法によって、初期費用が3000円(税込3300円)かかったり、キャッシュバックや特典が変わったりしますが、

利用料金や利用条件といったプランが、とにかくシンプルでわかりやすいのが本当に良いです。

home 5gをくわしく解説

home5g くわしく

home 5Gの特徴をさらにくわしく解説します。

コンセントにさすだけで使えるWiFiサービス

本体名称home 5G HR01
本体メーカーシャープ株式会社
本体カラーダークグレーのみ
本体サイズ17cm × 9.5cm × 9.5cm
本体重量720g
本体付属品ACアダプタ LANケーブル
本体価格税込39,600円

home 5Gの本体端末の正式名称は、HR01です。メーカーはシャープです。

色はダークグレーのみでちょうどいいサイズで、テレビの横とかに置いてもちょうど良い感じで、インテリア的にもオシャレです。

使用時の発熱はほとんどなく、ペットなどがヤケドする心配もありません。

音も非常に静かで、モーター音とかもありません。

付属品のLANケーブルは、カテゴリー6のケーブルです。

回線の工事などは必要ありません。

むずかしい設定もなく、コンセントにさすだけでインターネットが使えるようになります。

WiFi6に対応したルーターで通信スペックは高い

通信規格5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
Wi-Fi規格IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
同時接続65台(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)

WiFiルーターとしてのスペックは、Wi-Fi6(IEEE802.11ax)に対応しているので、スペックは高いです。

参考までに、Wi-Fi5(IEEE802.11ac)に対応していれば、まぁまぁという状況です。

Wi-Fi5でも十分速いんですが、Wi-Fi6はさらに速いだけでなく、同時通信でも遅延しにくい特徴があるので、これからの時代にはWiFi6対応のWiFiルーターをおすすめしたいです。

いま、家電量販店で1万円ぐらいで買えるWi-Fiルーターは、Wi-Fi5対応のものだけど、Wi-Fi6対応のルーターになると、2万円〜5万円くらいで非常に高額なんですよね。

ただし、WiFi接続(無線接続)でも、200Mbps以上を計測したので、通信速度は非常に速いです。

同時接続数は、最大で64台となってます。

home 5Gが1台あれば数十名が同時に利用できます。

月額4950円で契約の縛りなし

月額料金税込4,950円
割引(36ヶ月)税込1,100円
最低契約期間なし
解約違約金0円
月間データ利用無制限
通信制限一部あり

home 5Gは、料金スペックも非常に素晴らしい内容になっています。

月額料金は4950円でデータ容量は無制限です。

また36ヶ月間(3年間)は、月額料金から1100円が割引されます。

つまり36×1100=39600円が割引されるので、本体代金が実質的に無料です。

従来のWi-Fiサービスであれば36ヶ月の契約期間というのが設定されるはずですが

今回のドコモhome 5Gは契約期間がなく、もちろん解約違約金もありません。

home 5Gの特徴をまとめると

コンセントにさすだけで使えるWiFiサービス

WiFi6に対応したルーターで通信スペックは高い

月額4950円で契約の縛りなし

home 5Gは、本当にすごいWi-Fiサービスです。

home 5Gは無制限で使えるの?

home 5g 無制限 使えるか確認

ドコモのホームページによれば、home 5Gは「データ量無制限※」と記載があります。

home5g特徴

ただし、注意なのは、「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。」という記載もあります。

3日間30GBでも通信制限はなかった

実際のところ、どうなのか気になりますよね。

これについては、わたしが8月28日~8月31日に30GBを使ってみましたが、一度も通信を制限されたと言うことはありませんでした。

home5g通信量

つまり、一般的な使い方はもちろんですが、動画をずっと再生し続けて高い負荷をかけ続けても、大丈夫です。

3日間で1TBでも通信制限はない

またTwitterでも、1TBも使った人もいましたが、1TB使っても通信制限はなかったそうです

https://twitter.com/garasuma_teco/status/1432176524359200769

1TB=1024MBを使ったという人がツイートしていました。

この方はYouTubeでも情報発信しているので、いたずらとは考えにくいです。

3日間で1TBを消費するのが逆にむずしかいですが、つまりそれだけ使っても大丈夫だったということは、ひとつの事例として参考にしてもよさそうです。

ご注意ください

ドコモとしては、1TBを使っても通信制限がかからないと言うことを約束しているわけではありません。

むしろ1TBも使う人がたくさんでてきたら、通信キャリアとしてはデータ帯域を調整しなければならないはずです。

専門家の解釈としても通信制限を受けることは無いと判断

home5Gの通信制限について
  • ドコモの公式発表ではデータ量が無制限である
  • 直近3日間の使用状況によって通信速度を遅くすることがある
  • 現時点では通信制限にかかった人はいないと思われる

ただし、直近3日間で1TBといった膨大なデータを消費したユーザーは、通信速度が128Kbpsなどに通信速度を制限される可能性は十分あり得ます。

専門家の解釈としては、通常範囲の一般的な利用であれば、通信制限を受けること無さそうだという判断です。

home 5Gの通信速度は?

home 5g 通信速度レビュー
結論

home 5Gの通信速度は、予想以上に速かったです!!

光回線レベルの通信速度だった

5Gエリア内で計測した結果、通信速度はダウンロードで245Mbpsでした。

無線接続だけでなく、有線接続でも計測してみました。

接続方法ダウンロードアップロードping値
無線(5GHz)245Mbps5.35Mbps50ms
無線(2.4Ghz)77.1Mbps12.3Mbps48ms
有線288Mbps43.5Mbps42ms
home 5Gを使ってわかったこと

通常、このようなホームルーターのWiFiサービスでは、100Mbpsを超えることは考えにくかったので、home 5Gの通信速度があまりにも速すぎてビックリしました。

home 5Gは、光回線と同じレベルの通信速度ということです。

光回線を契約できない人にとっては、ドコモhome5Gは十分代替えになり得ます。

300Mbpsを計測した人も続出している

またTwitterでも、home 5Gの通信速度の速さに驚いている人が続出しています。

通信環境によって、通信速度は変わるのはもちろんですが、ほとんどの人がhome 5Gの通信速度が速いという評価をしています。

home 5Gの通信が、極端に遅いという口コミは見当たりませんでした。

専門家の解釈としても通信速度は予想以上に良かった

home5Gの通信速度について
  • 5G通信だと光回線レベルの通信速度だった
  • 時間帯による通信速度のブレもあまりない
  • 無線接続でも充分使える通信速度

電波の干渉が少ない5GHz帯でWiFiに接続すると、100Mbpsを超えているという報告が多数あるので、実質的に光回線レベルの通信速度といって問題ないです。

専門家の解釈としては、通信速度が速いWiFiを契約したいという人には、hone5Gはかなりおすすめできるという解釈です。

home 5Gがあれば光回線は不要になるのか?

home5g 光回線 比較

一般的なインターネット利用であれば、home 5Gは光回線の代わりに十分なり得ます。

具体的にいうと、高画質の動画YouTube視聴はもちろんですが、Netflix視聴やAmazon Primeビデオ視聴などの高画質(4K)を視聴するレベルであれば、home5Gで充分です。

また、仕事でビデオ会議をする人も多いと思いますが、ZOOMだけでなく、Google MeetやMicrosoft Teamsを使って会議するのも、home5Gであれば問題なくできます。

home 5Gを使ってわかったこと

ZOOM、Google Meet、Microsoft Teams、Whereby、Skypeを使って、こちら側は4K画質のカメラを使って、30分以上のビデオ会議しましたが、home5Gで問題なくできました。
ただしGoogle Meetで3人でビデオ会議した時に、後半にちょっとだけ遅延が起きているような感じがしましたね。

それ以外は気になったことはありませんでした。

home 5Gより光回線が良い場合もある

ただしhome 5Gより光回線の方が通信品質は上です。

ですから、通信品質を求められる使用環境であれば、光回線が不要になるとも言い切れません。

具体的に、home5Gよりも光回線の方が絶対に良いシーンを解説します。

こういう人はhome5Gではなく光回線にしましょう!
  • オンラインゲーム(特にfpsゲーム)
  • FXや証券の取引(特に注文処理)

home 5Gと光回線では、ダウンロードの通信速度はほぼ変わりませんが、ping値が大きく違います。

ping値とは、簡単に解説すると、応答速度のことです。

プロゲーマーや、トレーダーは、使用するパソコンのCPUなどにこだわるべきですが、やはりネット環境も、光回線でping値が30ms(ミリ秒)以下を目指した方が良いでしょう。

ユーチューバーは home 5Gより光回線の方が良い

ユーチューバーは動画を扱うので、光回線の方が良いと思う方もいらっしゃると思いますが、正直いうとhome5Gでも充分YouTuberはできます。(※YouTubeに動画を投稿することはできます)

ただ、動画を投稿するのは、アップロードの数値が重要になるので、気になる方はアップロードの数値をチェックしましょう。

15分程度の4K動画をYouTubeに投稿したところ、光回線では10分で完了しましたが、home 5Gでは1時間ほどかかりました。ですから、たくさん動画を投稿する人なら、光回線の方が絶対に良いです。

そこまでたくさん動画を投稿しないのであれば、home 5Gでも充分だと思います。

WiMAXやSoftBankAirと比較

home5g WiMAX5g 比較

home 5Gは、コンセントに挿して置くだけのホームルーターです。

他社のホームルーターサービスと比較すると、「auのWiMAX5G」と「SoftBankのSoftBankAir」が比較対象になります。

ホームルーター

「auのWiMAX5G」と「SoftBankのSoftBankAir」のそれぞれの最新スペックのホームルーターを比較しました。

端末のサイズや重量は違う

サービス名機種本体サイズ本体重量本体カラー
ドコモ
home5G
HR0117 × 9.5 × 9.5720gダークグレーのみ
au
WiMAX5G
HOME 5G L1118 × 12.5 × 7600gホワイトのみ
ソフトバンク
SoftBankAir
Airターミナル522.5 × 10 × 101086gホワイトのみ

各社のホームルーターでは、似ているようで、サイズも重量も違います。

特にカラー展開については、ドコモのhome5Gがダークグレーのみですが、

auのWiMAXとソフトバンクのSoftBankAirは、ホワイトのみです。

home5Gの通信速度は実際に速い

サービス名平均
ping値
平均
ダウンロード速度
平均
アップロード速度
計測回数
ドコモ
home5G
53.47ms187.45Mbps20.78Mbps9,513件
au
WiMAX 5G
50.87ms55.14Mbps11.13Mbps1,082件
ソフトバンク
SoftBankAir
47.46ms60.76Mbps6.76Mbps11,686件
人気ホームルーターの平均通信速度:みんなのネット回線速度のデータ

最新のホームルーターでは、全部5G通信に対応しています。

通信理論値は、home 5Gが圧倒的に速いですが、実際に計測した結果でもhome 5Gは速いです。

WiMAXの5Gは、2021年5月にスタートしていますが、評判は悪くありません。むしろ非常に良いです。

通信もつながりやすく、深夜帯も通信スピードが遅くなるといった悪い情報もありません。

ただ比較した結果からもわかるように、home 5Gがおすすめです。

home5GもWiMAX5Gも実質的に通信制限がない

サービス名データ容量3日間制限実質的な制限
ドコモ
home5G
無制限明記なしなし
au
WiMAX5G
無制限3日間15GB
撤廃されました
なし
ソフトバンク
SoftBankAir
無制限明記なし報告あり

各社の通信制限についてですが、WiMAXは従来のWiMAX2+時代には、3日間で10GB以上使った場合は、翌日の深夜帯に1Mbpsの速度制限がありました。

ただWiMAX 5Gになって、3日間で15GB以上使った場合は、同じように翌日の深夜帯に1Mbpsの速度制限があります。

2022年2月にWiMAX 5Gは通信制限がなくなりました。

WiMAX 5Gは、通信制限が緩和され、3日間15GBの制限はなくなりました。

通信制限に関しては、WiMAX 5Gも実質的に無制限で使えています。

契約期間の縛りが無いのはhome5Gのみ

サービス名契約期間月額料金端末代金割引
ドコモ
home5G
なし4950円39600円1100円×36ヶ月
au
WiMAX5G
36ヶ月4818円21780円550円×25ヶ月
ソフトバンク
SoftBankAir
36ヶ月5368円71280円1188円×36ヶ月

WiMAXは、プロバイダによって月額料金やキャッシュバック金額が異なるため、代表的な金額を掲載しています。

またhome 5Gも、ドコモショップ以外に家電量販店でも購入できるようになっており、キャッシュバック金額や特典が多少異なるので、代表的な金額を掲載しています。

注目ポイントは、home 5Gだけが契約期間の縛りが無いということです。

ホームルーターで比較すると…

  1. ドコモhome5Gは色がグレーのみ
  2. ドコモhome5Gは通信速度が速い
  3. ドコモhome5Gは通信制限がない
  4. 契約の縛りが無いのはドコモhome5Gだけ

ホームルーターという条件で選ぶのであれば、home 5G一択というぐらいおすすめです。

home5Gの総合評価

home5gレビュー

home 5Gは、正直めちゃくちゃ良いサービスです!

ドコモhome5Gの評価
通信速度
 (5)
通信エリア
 (4.5)
総合評価
 (4.5)
料金コスパ
 (4.5)

実際にわたしも使ってみましたが、自宅の光回線契約が使えなくなったとしたら、home 5Gでも充分代わりになると思いました。

home 5Gは光回線が工事できない人への救世主となりそう

光回線の解説工事は、賃貸マンションに住んでる方であればマンションのオーナーの許可を取らなきゃいけないし、しかもオーナーが許可を出してくれないパターンもあって、すごく悩んでた人いると思うんですけど

もうそういう人は、光回線が契約できないことに嘆くのではなく、ドコモのhome5Gでいいんじゃないかなって個人的には思いました。

ネットの設定はむずかしいと思われているからこそhome 5Gにすべき

あとは、ネットの設定は、正直言ってむずかしいです。

だからこそ、コンセントにさすだけで、インターネットが簡単に使えるホームルーターって、需要があると思うんですよね。

スマホの操作もギリギリ追いついていけていない年配の方に、ネット回線のトラブルが対応できるとはいいがたいですよ。

ですから、コンセントにさすだけのhome5Gは、トラブルがあったとしても、コンセントから抜いて電源を落とし、90秒後に再度コンセントに差し込めば、問題解消する可能性が高いです。

引っ越し予定があってもしっかり申請すればhome 5Gは使える

home5Gは持ち運びができず、登録した住所のみでした使えません。

ただ引っ越しする際には、マイページで引っ越し申請(住所変更)さえすれば、引っ越し先でも使えます。

光回線だと、宅内への開設工事が1~2ヶ月かかるかもしれません。

でもhome 5Gならマイページで設定すれば、すぐに反映されます。

こういった引っ越し予定がある方にとっても、home 5Gは非常に良いと思います。

もしいま契約している光回線が、VDSL方式のタイプであれば、home 5Gに変更しても良いかもしれませんね。

【2022年6月更新】home 5Gをおトクに契約できるキャンペーン

home 5g キャッシュバック

home5Gは、ドコモショップのオンラインストアや、家電量販店などで契約申込できます。

店舗キャンペーン受け取り
GMOネットショップAmazon券18,000円4ヶ月
ドコモ公式ネットショップdポイント15,000円分
事務手数料3,000円が無料になる
2ヶ月
ドコモ店頭ショップdポイント10,000円分2ヶ月
ドコモ代理店ネットショップ現金10,000円2ヶ月
エディオン端末一括0円即日
ヨドバシカメラ端末一括0円即日
ビックカメラ端末一括0円即日
home5Gの最新キャンペーン情報(2022年4月2日更新)

どこで契約しても、契約に必要な書類や手順は一緒です。

一番お得なのはGMOネットショップ

GMOネットショップで申し込むと、18,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされるので、一番おトクです。

キャンペーンページをチェックしましょう。

home5Gをお得に契約するなら

今ならお得なキャンペーン実施中!

在庫が潤沢なのはドコモ公式ネットショップ

店頭のドコモショップだとdポイント10,000円分が、ドコモの公式ネットショップだと15,000円分になります。

またドコモの公式ネットショップだと事務手数料3,000円も無料になります。

ドコモのdポイントを使う人なら、ドコモ公式ネットショップがおすすめです。

dポイントユーザーにおすすめ

店頭のドコモショップはおすすめできない

home5G入手場所

店頭のドコモショップはメリットがほぼありません。

dポイントも公式ネットショップより安い10,000円分しかもらえません。

実際にhome 5Gを触ってみたいという目的であれば、一度行ってみるのも良いかもしれません。

現金キャッシュバックならITXネットショップ

現金キャッシュバックが良ければ、正規代理店(ITX)のネットショップがおすすめです。

契約2ヶ月後に、現金10,000円のキャッシュバックがもらえます。

1万円キャッシュバック

在庫状況やキャンペーンをチェックして、一番自分にあった場所で申し込みしましょう。

home5Gによくある質問

home5g よくある質問
home5Gは、5Gエリアでしか使えないのでは?
home5Gはドコモの携帯の電波が届く場所なら使えます
さらに5G通信にも対応しているので、5Gエリア内であれば高速な通信環境で利用できます。
ドコモの5Gエリアについてはエリアマップで確認することができます。
ドコモの5G通信エリアは、順次拡大しています。
ドコモの5G通信エリアは2022年3月には人口カバー率55%、2023年3月には70%になる見込みです。
また何度も繰り返しになりますが、もし5Gエリアでなくても、ドコモの携帯の電波が届くところ(LTE回線が使えるところ)であれば、home5Gは普通に使えます。
home 5Gを自宅以外で使ったらどうなりますか?
登録住所以外では使えません
そもそも追加料金という仕組みがないですし、利用規約に登録している住所以外では利用できない。とハッキリ記載があるので、あきらめましょう。
そもそもhome5Gはホームルーターとしての製品登録なので、固定回線としての位置付けです。
だから同時接続数も多く、電源出力も大きいのです。
モバイルのWiFiルーターとは一緒の考え方ができないというのが、多分業界関係者の認識なので、そういったことから今後も持ち運びできるようにはなりません。
home 5Gが人気で、通信がパンクしないか不安です
確かにパンクする可能性がゼロとはいえません

home5Gの誕生によって、VDSL方式の固定回線だった人も含め、多くの人が乗り換えする可能性が高いです。

だから利用人数が多くなりすぎて、いまのソフトバンクエアーのように繋がりにくいと言ったことも起こる可能性はゼロではありません。

2019年のどんなときもWiFiのようなことが起こってほしくないのですが、絶対に起こらないとも言えないので、そこは理解しておきましょう。

とはいえど、ドコモのhome5Gは、契約期間の縛りがないので、いざ全く使い物にならなくなった場合は、他のサービスに乗り換えればいいだけです。
通信制限がかかったら何もできなくなりますか?
現時点でhome5Gの通信が制限された事例は報告されていません。

もし通信制限がかかるようなことがあれば情報を更新します。
5G通信で通信制限がかかっても、4G通信に切り替えられれば通信制限はかからないですか?
5G通信や4G通信の周波数帯はあまり関係ありません。
5G通信で通信制限がかかっても、4G通信に切り替えられれば通信制限はかからないですか?
5G通信や4G通信の周波数帯はあまり関係ありません。

現時点でhome5Gに通信制限の報告はありませんが、基本的には通信制限というものは、多くのユーザーの通信環境をできるだけ公平に担保するために実施されるものです。

5G通信で通信制限がかかったからと言って、4G通信は問題なく使えるといった発表をドコモはしていません。

またドコモが現状発表しているのは「直近3日以内で15GB以上のデータ通信があり、近隣の通信が混雑する環境になった場合は、一時的に通信を制限する可能性がある。」ということです。
home 5Gは、LANケーブルで有線接続の方が速くなりますか?
理論的にLANケーブルの方が速くなります

無線接続と有線接続では、もちろん有線接続の方が理論的に速いはずです。ただし、実際に有線接続で計測しても、通信スピードはほぼ変わらないという結果でした。

もしhome5Gの通信速度が遅いと思ったら、home5Gのホームルーター端末を窓際に置くなどしてみましょう。
オンラインゲーム目的なら home5Gより WiMAX5Gの方が良いですか?
WiMAX 5Gの方が良いということはありません。

そもそもオンラインゲーム目的であれば、光回線をおすすめします。

光回線と比較したら、home5GでもWiMAX 5Gでも、あまり変わらないと言うのが一般的な解釈として正しいです。

home5Gをお得に契約するなら

今ならお得なキャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。