「ポケットwifiは名前だけ知っているけど特徴がよくわからない」と困っていませんか?

ポケットwifiは外でインターネットを利用する機会の多い人にピッタリな通信端末です。

最近は性能の良い端末や、コストパフォーマンスの高いプランがたくさん増えてきています。

キャンペーンも活発に行われているので、新規で契約するとお得です。

この記事ではポケットwifiの特徴とメリット・デメリットについて解説しています。

光回線やホームルーターと迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

業界最安値の「それがだいじwifi」はこちら

ポケットwifiとは

ポケットwifiとはワイモバイル社が提供する商品名であり、小型で持ち運べるwifi通信端末です。

正式名称は「モバイルwifiルーター」。

2009年に日本で初めて発売されて以降、ドコモやソフトバンクをはじめとした多くの企業がモバイルwifiルーターを発売しています。

自由に持ち運びできるため、どこでもインターネットを利用できるのが大きな特徴です。

ポケットwifiの寿命

ポケットwifiの寿命についてはご存知でしょうか。寿命は約2年と言われています。

しかし、ある工夫をすることで長く使うことが出来ます。

ポケットwifiの寿命と長く使う3つのコツ

こちらの記事では、ポケットwifiを少しでも長く使う方法について詳しく紹介しています。

また、お使いのポケットwifiの電池の減りが早いと感じている方も、ぜひ買い替えのタイミングの参考としてご一読ください。

ポケットwifiのメリット

ポケットwifiを利用するメリットは以下の通り。

 

メリット

  • どこでもインターネットに接続できる
  • 簡単に設置設定できる
  • 最短数日で利用開始可能
  • 月額料金が安い
  • キャンペーンが多い

ひとつずつ解説します。

どこでもインターネットに接続できる

持ち運べばどこでもインターネットに接続できるポケットwifi

サービス提供エリア内という制約はあるものの、屋内・屋外にかかわらずどこでも快適にインターネットを利用できます。

最近は駅やカフェ、コンビニなどの無料wifiの普及も進んでいますが、セキュリティ対策が不十分です。

個人情報や通信内容の傍受などが心配されます。

また多くのユーザーが同時に接続することで、回線が混雑する可能性もあるでしょう。

回線が混雑すると通信速度が遅くなり、快適にインターネットを楽しめない場合も考えられます。

ポケットwifiがあれば、このような心配が不要になりますね。

契約サービス・プランによって変わりますが、海外で利用できるものも多くあるのもメリットの一つ。

頻繁に海外旅行に行く方はポケットwifiが便利かもしれません。

簡単に設置設定できる

設置・設定が簡単に行えるのもメリット。

インターネット接続手段は大きく2種類あります。

光回線やCATVなどの有線接続と、ポケットwifiやデザリングなどの無線接続です。

基本的には、有線接続よりも無線接続のほうが設置設定の手間はかかりません。

有線接続には必要な回線工事が必要ないためです。 

どのくらい設置・設定の手間が異なるのか、ポケットwifiと光回線を比較してみましょう。

インターネット接続手段名 設置・設定の特徴
ポケットwifi 回線工事は必要なし。契約完了日から最短数日で利用可能。
光回線 回線工事が必要。契約完了日から開通までに1か月程度かかる。ルーターの設定を行わなくてはいけない。

設置・設定方法を比較してみるとポケットwifiのほうが、手間がかからないことはおわかりいただけたと思います。

設定が面倒な方やすぐに利用したい方におすすめです。

最短数日で利用開始可能

最短数日で利用開始できるメリットがあります。

申し込み~利用開始まで、最短で1週間もかかりません。

設置設定には回線工事が必要ないため、端末が届けばすぐに利用できます。

月額料金が安い

ポケットwifiは光回線と比べて月額料金がとても安いです。

光回線の月額料金は3000円からが多いですが、ポケットwifi1000円から利用できます。

費用をできる限り抑えたいと考えている方にはぴったりではないでしょうか。

中には「スマートフォンと同時契約で契約料金割引」などの特典を用意している事業者もあります。

生活費を少しでも節約したい場合は、割引特典のある事業者を探して契約するのも良いですね。

キャンペーンが多い

ポケットwifiはプロバイダ業者ごとに異なるキャンペーンを実施しています。

普通に契約するよりも得することが多いです。

ポケットwifiを提供するプロバイダのキャンペーンには、以下のようなものがあります。

キャンペーンの例

  • 端末料金無料
  • 月額料金割引
  • PC・タブレットとのセット販売キャンペーン
  • 携帯料金割引
  • 高額キャッシュバック

複数の端末で悩む場合は、キャンペーンを見て選ぶのもよいですね。

ポケットwifiのデメリット

デメリットは主に以下の4つが挙げられるでしょう。

 

デメリット

  • 契約期間に縛りがある
  • 通信速度制限がある
  • 複数人での利用には不向き
  • 通信が不安定になることがある
  • 利用できないエリアがある

 

それぞれ解説していきます。

契約期間に縛りがある

ポケットwifiは契約期間に縛りがあります。

2年や3年がよくある契約期間で、決められた期間は基本的に同じ業者のプランを利用し続けなくてはいけません。

もし途中で乗り換える場合、契約期間内の解約として違約金が発生します。

キャッシュバックキャンペーンなどにつられ契約し途中で解約すると、逆に損する事態になることも。

きちんと契約内容の詳細を確認してから契約する必要があります。

最近は契約期間に縛りのないポケットwifiも登場しているので、短期で利用したい方は検討してみるとよいでしょう。

通信速度制限がある

通信速度制限があるため、制限にかかると通信速度が遅くなってしまいます。

具体的には、利用できるのは月5GBまで・それ以上を超えると制限がかかり通信速度が遅くなるというものです。

動画視聴・ゲームをたくさん楽しみたいのであれば、ギガ数の多いプランを選ぶ必要があります。

100GBや無制限で利用できるプランも増えてきているので、自分に合ったプランを探してみましょう。

ポケットwifiの通信制限についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

ポケットwifiが通信制限になる原因と制限の目安・解除法

複数人での利用には不向き

ポケットwifiを複数人で利用するために契約するのはあまりおすすめできません。

持ち運びできるのが最大のメリットですが、1人が持ち運ぶとほかの場所にいる人は使えなくなります。

また接続端末が多くなるほど通信速度も遅くなってしまうのです。

家の中で、複数人で利用するのであれば光回線のほうがよいでしょう。

回線工事が必要になりますが、ポケットwifiよりも強力な電波を持っています。

通信が不安定になることがある

wifi回線が混雑するところで使用すると、通信が不安定になることがあります。

SNSの投稿・メールの送受信などの、通信量の多くない動作については問題なく使用可能です。

しかし動画視聴やゲームなどになると、快適な通信環境とはいい難くなってしまいます。

通信が安定するエリアまで移動する必要があるでしょう。

利用できないエリアがある

ポケットwifiにはサービス提供エリアがあります。

提供エリアに含まれないところでは、ポケットwifiを利用できません。

提供エリアは各プロバイダ公式サイトに記載されているため、契約前に必ずチェックしましょう。

ポケットwifiのセキュリティ

とても便利なポケットwifiですが、危険もたくさん潜んでいます。例えば、他人に通信容量を無断で使用されてしまう等です。その他に様々な危険があります。

それらの危険から身を守るためにも、しっかりセキュリティについて知りましょう。

ポケットwifiに潜む4つの危険とセキュリティ対策

本記事では、代表的な危険から、セキュリティ対策まで詳しく紹介しています。

これからポケットwifiを使用する方、また既にお使いの方も是非ご覧ください。

ポケットがあればどこでもネットを利用できる

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、ポケットwifiのメリット・デメリットがご理解いただけたと思います。

外でインターネットを利用する機会の多い人や、月額料金を抑えてインターネット環境を用意したい人におすすめです。

メリット・デメリットを比較して魅力的に感じた方はぜひ、ポケットwifiをご検討ください。

 

最大100GB使い放題の「それがだいじwifi」。大手キャリアの回線を使用しているので、通信も安心安全の高品質。さらに、価格も業界最安値です。

ポケットwifi・クラウドwifiをお探しの方は是非こちらをご覧ください。